「仲介プラン」を使うときの注意点

仲介業者がどこまでやってくれるのか確かめましょう

サイトM&Aを行うときに仲介業者がいるのはいろいろな点でとても安心できます。しかし、各仲介業者の手数料がさまざまなように、行ってくれることの内容も違うので、利用する前によく確認する必要があります。利用する側とすれば、契約書の作成はぜひ仲介業者でやってほしいところですが、ひな形だけを見せられて、これに準じて作るように言われることもあります。もちろん価格交渉はしてくれますが、サイトの引っ越しはやってくれないところもあります。そうなると、契約書を作るのにうまくいかず、司法書士や弁護士に依頼することになり、そこで余計に費用がかかります。サイトの移管にしても、詳しい人に頼むなどしなければならず、お礼が発生します。

すべてお任せできる仲介業者を選びましょう

したがって、仲介業者がどこまでやってくれるのかを確かめて、それが手数料に見合うことなのか、よく考えなければなりません。また、その仲介業者にどのくらいサイトM&Aの経験があるのかもよく見極めましょう。あまり経験のない業者だと、トラブルが発生することがあります。また仲介業者を入れていても、相手といきなり連絡が取れなくなるということは多々あります。こういうときは精神的な負担が大きくなりますが、仲介業者がそれをどこまでフォローしてくれるかが問題です。
仲介業者の手数料が安いか高いかも問題ですが、それ以上にどこまでやってくれるのか、どこまで売主・買主の負担を減らしてくれるのかが重要です。すべての負担を減らしてくれる仲介業者に依頼したいですね。