「直接交渉プラン」を使うときの注意点

売買のどちらかの経験が少ない時は注意

インターネットサイトを利用したビジネスがあり、うまく作られて運営されているサイトだと売上や利益が上げられる可能性があります。サイトの運営者によってはサイトM&Aを前提にサイトを構築し、希望者に売却をするときもあります。新たにサイトを運営したいと考えている人にとって、既に作られている優良なサイトがM&Aできれば時間的にもコスト面でも得になるかもしれません。売買の相手を見つける時にはサイトM&Aの業者を利用するケースが多くなるでしょうが、手数料が安くなるプランとして直接交渉プランを利用するかもしれません。交渉に業者が入らないため、細かい確認などをそれぞれで行う必要があります。売買においてどちらかもしくはどちらも経験が少ない時は、思い通りの売買ができなくなる可能性があるので注意しましょう。

最も適した売買相手とは限らない

インターネットのサイトを新たに運営するときに一から作るのは大変で、さらに目的が達成できるように育てようとすると時間もコストもかかります。サイトM&Aサービスを行っている業者は、サイトを売却したい人と買収したい人の情報を提供してくれます。業者が提供するサービスとして直接交渉プランがありますが、こちらは各情報から自由に相手を選んで自由に交渉ができます。自由度が高いメリットがあるものの、必ずしも最も適した相手と交渉できるわけではありません。業者が仲介するサービスにはマッチングサービスがあり、互いの要望を聞いてそれに合った売買相手を紹介してくれたり新たに探してくれる時もあります。直接交渉プランではそのサービスが受けられないので注意しましょう。