「仲介プラン」のデメリット

サイトM&Aで仲介プランは便利だけど

今、経営しているサイトを他人に売却したい。これ以上、サイト更新し続けるのもつらい。自分でサイトを作っていても収益が上がらないので、他の人のサイトを買い取ったほうが手っ取り早いかもしれない、など、インターネットのWEBサイトにはいろんな苦労がつきまといます。そう簡単に他人のウェブサイトを購入することはできないのです。それならば、他人に任せてしまった方が余計な苦労から解放されます。その時に役に立ってくれるのがサイトM&Aの仲介プラン。自力でサイト売買するにも様々な権利関係が伴います。それならば、詳しいことを知っている仲介サイトにお任せしたほうがいいです。でも、サイトM&Aの仲介プランも、いいことばかりでなく、さまざまなデメリットがあります。

仲介プランの具体的デメリット

気になるのは手数料。サイトを売却したり、買い取ったりした時に仲介サイトが利益を持って行きます。自力で行えばすべて自分の利益にできます。サイトM&Aの仲介プランでは、代金として手数料が引かれてしまいます。仲介サイトによっても、扱うサイトが違います。そのため仲介サイトの善し悪しを自分で見極める必要があります。手数料が無料で登録しやすい仲介サイトの仲介プランは、客のレベルが低いことも。お値段相応ということです。仲介プランで、手数料さえ支払っているのだから全部やってもらえる、と思ったら大間違い。これから伸びる可能性のあるサイトを見抜かなければいけません。契約書の作成とエスクローサービスの二点のみ、というのが基本的なサービスです。しかも、希望通りの買主・売主とマッチングできるかもわかりません。そればかりは運の要素もあるでしょう。でもデメリットがあっても、自力でサイトの売買を行うより安全で確実です。